携帯用風邪-押された菜種のVegの重油の植物--を完了しなさい

風邪-押された植物油のPuricのろ過
私達は私達の過去の経験のスペシャルシリーズろ過システムを、私達今風邪のためのろ過解決-押された植物油を提供してもいい設計した。 冷たい-押された植物油は2つの主要出願で使用される: 為に重油としてそして食糧。 このオイルはまたバイオディーゼル(菜種のメチルエステル、RME、または野菜メチルエステル、PME)に変えることができる。 菜種は重油のための主要な原料である。 食糧為にまた他の植物油は使用される。

風邪-押された植物油--をろ過するPuricのプロシージャ。
冷たい-押された植物油は互いの後でSerieseのろ過ステップと(出版物のオイル種を押すことから)普通扱われる。 燃料の塗布のためのオイルは燃料として菜種油のための未来の一定の品質規格E DIN 51605に従って必須の質に、達しなければならない。 スリーステップのAbhishekfiltersのろ過システムはオイル20以下のmgの固体/kgのの必須の重油の質に非常にesiely達することができる。

Abhishek Filtertechnikは完全なろ過システムと同様、個々の部品を供給できる。 スキッドの前に製造された単位をある完全なシステムのためにさまざまなサイズで利用できるが完了しなさい。 ろ過単位はまたは十分に自動化されて供給された手動である場合もある。 取付けおよびAbhishekフィルターを依託するために完全な協同を提供できる。

私達は風邪のためのイギリスの少数の植物を供給した-押された植物油は操作に首尾よくある。
 

実際の自動Selのクリーニング圧力葉フィルターはオイルから、固体を取除く
ミクロンの清掃可能なバッグフィルタはパスの粒子によって可能取除く
Puricミクロンの蝋燭が付いているマイクロカートリッジフィルター、非常に粉体を燃料条件に従って取除くため

 

 

より高い粘着性の価値、より厚く植物オイルはなる。 オイルの高い粘着性により低速のポンプの体積流量およびより堅いろ過の可能性を引き起こすことができる。 そういうわけでそれはフィルター・プロセスのために好ましいろ過の技術によって20および35 間の菜種油の温度をC、有するために。

バイオディーゼル
バイオディーゼルは同じ特徴が正常なディーゼル油と多くあるが、ディーゼルに対して石油から植物油または動物性脂肪から得られない燃料である。 通常、植物油はひまわり油、大豆オイル、菜種油またはパーム油のような使用される。 使用されたオイルは全くとてもよく同様に使用されるかもしれない。 これらのオイルからバイオディーゼルを作り出すためには、それらはエステル交換と呼ばれる化学反応に服従する。 触媒としてアルカリ液を使用してグリセロールをメタノールが代わりになるオイルで現在にするのは化学反応である。 その結果はメチルエステルである。 例の1つは強姦のメチルエステル(RME)である。 残余はグリセリンと呼ばれるエステル交換が原因で形作る。 これは適用することができ石鹸を作るのような事についてさまざまな方法、1で考えることができ。

なぜか。
バイオディーゼルのとポイントは明らかである: それは生物分解性である、 50%が付いているすす放出を減らす、炭化水素の放出を減らし、二酸化炭素-ニュートラルである。 これらの環境とポイントに加えて、それは安全全く(引火点である 170Cの)であり、化石のディーゼルと混合することは容易である。

か。複数の欧州諸国では、オーストリアを含んで、イタリア、スペイン、Fraceおよびドイツバイオディーゼルは絶対リーダーとしてフランスおよびドイツと真剣に応用、である。 例えばドイツのバイオディーゼルで動き国に分散する150,000台の車にバイオディーゼルポンプを搭載する1,200軒の給油所をはるかに越えてある。 ドイツのバイオディーゼルの成功の理由は消費税が正常なディーゼルのそれの下で4-8セントの平均価格にする、バイオディーゼルで徴収されないという事実である。 ネザーランドで私達はバイオディーゼルの使用で絶望的に後ろ引きずっている。 理由の1つはバイオディーゼルの方のオランダの政府の妥協しない態度である。 例はバイオディーゼルの消費税を持ち上げるように意図しないという事実である。 最終的にそれらは当然のネザーランドに、生物燃料に関してヨーロッパおよびヨーロッパ人の立法から圧力をかけること主に来る。

エステル交換は何であるか。

幸いにもバイオディーゼルの燃料に植物油を変えるプロセスは鳴るよりエステル交換と呼ばれ、大いにより少なく複合体である。
エステル交換はエチルアセテートおよびメチルアルコールを形作るためにメチルのアセテートおよびエチルアルコールのそれとして元のエステルからの第2アルコールそしてアルコールのエステルを、形作るように1アルコールのエステルと第2アルコール間の反作用を示す。 化学的に、エステル交換はトリグリセリドの分子か複雑な脂肪酸を取り、脂肪酸なしを中和し、グリセリンを取除き、そしてアルコールエステルを作成することを意味する。 これはナトリウムのmethoxiderを作るために水酸化ナトリウムとメタノールを混合することによって達成される。 この液体は植物油にそれから混合される。 全体の混合物はそれから解決する。 グリセリンは最下およびメチルエステルに残っている、またはバイオディーゼルは上に、残っている。 グリセリンが1600の他のプロダクトの石鹸(か誰でも)作るのに使用することができ、メチルエステルは洗浄され、ろ過する。

 

まっすぐな植物油のための図式的な作業系統図[ここにかちりと鳴らしなさい]

 



 

バスケットフィルター

ガス分離器及びガスフィルター

キラキラ輝く物のタイプ版フィルター

バスケットのこし器 レシチンMicroconeはろ過する 自浄式フィルター
カーボンフィルター マイクロカートリッジはろ過する 硫黄圧力葉フィルター
触媒-キャンドルフィルタ マイクロカートリッジフィルターシステム ターンキープロジェクトのための
オイル及び蛋白質植物
円錐こし器 マイクロバッグフィルタ 紫外消毒器システム
複式アパートのバスケットフィルター オイル及び脂肪フィルター 真空のドライヤー-多段式蒸発の植物
複式アパートのバスケットのこし器 磨くフィルター 水フィルター
集じん器及びエアフィルター 圧力葉フィルター
[横及び縦のタイプ]
水柔らかくなる及び脱塩の植物
電気めっきフィルターシステム 圧力葉フィルター
[横及び縦のタイプ]
ワックスを掛け粗野な石油フィルター
流出する処理場 圧力砂/水晶フィルター 「Y」及び「ティー」のタイプこし器
製造された圧力容器 Rotoのブラシのバスケットフィルター  
フィルターはスペアーを去る 回転式真空のドラム・フィルタ  

 

 

video video video

 

 

 

Website designed & maintained by Webz Solutions